総監のひとりごと

北海道から本土に渡った総監の単身赴任日記。とりあえず無理矢理ヨメが作り与えたブログなので今後の運用に不安が… byヨメ

プロフィール

kenji@BG

Author:kenji@BG
齢 (よわい) 30歳から
始めたサバゲーに
どっぷりとハマッタ、
中年ゲーマーの独り言です。

完全不定期更新の為、
来訪者の皆様に
満足して頂けない場合が
多々在りましょうが
そこんトコはご勘弁下さい。

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7ゲーム(演技力の無い自分に涙)

このゲームからS.I.Dの隊長さんが提案した防衛ゲームの始まりです。

防衛側は奥の陣地を20分守り切れば勝ち、

攻撃側は時間内にフラッグを奪取できれば勝ち、

防衛側は選抜された8人、残り16人での総攻撃となります。






防衛側が先に奥の陣地へ移動してから大事な事に気付いた。

いったいどの辺りまで守備陣は布陣してるの?

大事な取り決めを確認していなかったので、色々な憶測が飛び交っていた。





ゲーマーA 「どこら辺まで出てきて守ってると思う?」

ゲーマーB 「せいぜい竹薮の出口くらいだろ?」

ゲーマーC 「いやいや、あの隊長の事だから意外とその辺に居るかも?」

などと色々な憶測で混乱し始めた攻撃軍・・・・・・・・





スタートの合図で慎重に進軍を始めた攻撃軍は、

竹薮ゾーンを進むイケメンチームと、大迂回ルートを選んだデザートチーム。





私は何故かポツンと中央の枯草ゾーンで身体を晒してゆっくりと進む。





その辺に伏兵が居たら、速攻で撃たれるなーーーーーって考えながらも

敵の潜んで居そうな場所に視線を移して移動する・・・・・・・・・・





少しすると河側から銃撃戦の音、激しい連射音の後で守備軍の1人が

ヒットコールと共に帰っていく・・・・・・・・残り7人





更に激しい銃撃が河側で続くものの、私の方へ撃ってくる様子は無い

必ず反対側にもアンブッシュしてる筈だと予測して、敵が居そうな場所を

よーーーーーく見つめる・・・・・・・・





向かって右の木立の中で何かが動く音がした。





緊張が走る中、顔は河側を向きながら視線だけを木立の中に向ける。





居た!!





木立の暗がりの中にキャップと肌色の顔、そしてニヤっとした顔がハッキリと見えた。





木立の奥からの光で浮かび上がったシルエットは紛れも無く函館出身の彼だ。





彼の視線は私をロックオンしているが撃ってくる気配は無い。





相対距離が60m位ある為と彼からは向かい風の為に、もう少し私が近付くのを

待っているものと思われる。





私は極力彼を見ないようにしながら、居もしない後方の味方に大きなジェスチャーで

迂回の合図を送っている振りをする。





私のこの日使用している電動GUNは次男坊の「雷神」

長距離まで届くようにセッティングしていた為、相対距離60mは届くけれど

窪みにプローンしている敵の場合、弱ホップ気味になっている弾道では

彼の手前の地面に当たるか、頭を越えて飛び去ってしまう事が予測される。





もう少し彼が油断してくれると何とか倒せるけどなーーーー





そう考えていると河側でまたもや激しい銃撃戦



 

今度は守備陣の2人が戦死して帰っていく、瞬間木立の中の彼は視線を河側へ移した





チャンスとばかりに5m程ダッシュし、彼へ向かって激しく撃ち込む





ダァッララララララララララララララララララララララララーーーーー





案の定手前の地面に弾かれる弾と彼の頭上を飛び去る弾、

構わず更に連射を叩き込むが中々当たらない。





1マグを消費する頃にようやく何発かの着弾があったようで

苦笑いを浮かべながら彼が木立から出て来た。





すれ違いざまに彼が放った一言が、どんな至近距離で撃たれたBB弾より

私の身体に突き刺さった・・・・・・・・・・・・・・・





「隊長さん(北海道のチームのと言う意味)、演技してたのバレバレっすよ」





がーーん!、ガーーーン!!、臥ーーーーん!!!





上手く騙したと思ってたら、バスかしいくらいバレバレだったとは・・・・・・





なまら恥ずかしいっす・・・・・・もう少し演技力を身に付けます。

※演技力でなくて戦闘力を身に付けれよ、ゲーマーなんだからよ!!
 っていう突っ込みは今の僕には辛い突っ込みなのでご勘弁してください。
スポンサーサイト

Comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

Copyright (C) 総監のひとりごと All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。