総監のひとりごと

北海道から本土に渡った総監の単身赴任日記。とりあえず無理矢理ヨメが作り与えたブログなので今後の運用に不安が… byヨメ

プロフィール

kenji@BG

Author:kenji@BG
齢 (よわい) 30歳から
始めたサバゲーに
どっぷりとハマッタ、
中年ゲーマーの独り言です。

完全不定期更新の為、
来訪者の皆様に
満足して頂けない場合が
多々在りましょうが
そこんトコはご勘弁下さい。

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年、18回目のインドアゲーム

3月に突入して、13日の日曜にインドアゲームして、早18回目。




順調に今年のゲーム数をこなしていますねー




この日のゲームは少し趣向が違った




集まったメンバーは知り合いばかりだったが、去年の3月から始めた
ゲーマーの方が、1年になるという事で 「初心者卒業試験」 と題して
対戦する事にしました。




日頃から私を執拗に狙って来る18歳も年下の30歳初心者なんですが
まぁ、こんなオッサンに本気でムキになって、掛かってくる当たりが
ちょっと可愛いってもんです

最近、私を 「kenjiさん」 と呼ばずに陰で 「kenji」 と呼び捨てにしている事には
大きな心で見逃してあげるけど、たまにゲームで私が狩られる場面で、「シャッーー、オラーー」
と大声で叫ぶ当たりは、若干の悔しさが蓄積するので、今日は容赦なしです




本日の初心者卒業試験内容

私がキッズドラゴンでゲームしている、約4時間の間に、私を5回倒せたら卒業です。

最初は10回って言ったんですが、泣きが入ったので、5回にしました。

更にベテランゲーマーのホルモンマスターと、見た目最凶のイズミ君にも
ポイントマンをしてもらい、私と含めて3人の誰でも良いから狩れたら1ポイント
1ゲームで最大3ポイントゲットできる条件にして上げました。

正直言ってサービスし過ぎかな? って思いましたが
まぁ、普段から頑張ってるし、1年一緒に遊んで、それなりに成長しているだろうから
楽勝で卒業できるだろうと思っていたので、ネタとしてこれ位の釣り針垂らせば
懸命に掛かってくるだろうと思っていましたよ。




開店直後から準備して11時40分頃からゲーム開始

この時点で3人しか準備出来ていない為、バトルロワイヤルを慣行

大人数戦になる前に、少人数の方が私と遭遇できる確率が高いから
私としてはサービスのつもりだったのですが、1ポイントもゲットできず終了

それどころか、もう一人の初心者にも狩られる始末・・・・・・・

ちょっと気負い過ぎじゃないの?




徐々に参加人数が増えて来て、私と遭遇する前に狩られて出て行ったり
頑張って私の所まで来ても、予測の範囲内で返り討ちに遭ったりと
なかなかポイントをゲットできない様子・・・・・・・・・




その内、私以外のポイントマンとの相討ち等で徐々に得点を重ね
私のタイムUP時刻まで30分を切った時点で、獲得ポイントは4点

残り30分で3回ゲームしたとして、チャンスは有るね、と声を掛けるも
一杯一杯の表情で、ちょっと可哀そう・・・・・・・・

読みが外れたのか、そもそも読みなんてしないで、行き当たりばったりでの行動だったのか
私と遭遇できずにフィールドの反対側からの、奴のヒットコール・・・・・・・・




残り1ゲームとなったところで、ポイントマンだったイズミ君が
私と敵対するカラーのチームへ移動

流石に優しいね

私の所まで奴を誘導してポイントアシストする気なんだろうなー

と、フィールドに、ほんわかした空気が流れる




ラストゲーム開始

私は奥の陣地からスタート、ダッシュで国道側を進み
ゲーム機ゾーン手前のバリケードを堅守、敵陣からの侵攻を妨害しながら
威嚇射撃と600ルーメンのウエポンライトを照射し、自身の居場所をアピールしながら
卒業目前の奴に「来い、ココに居るぞ、狩ってみろ」と心で叫ぶ




すると、中央の閉鎖空間出口からの射撃音に、瞬間的に身を躱し
一瞬のチラ見で相手を確認、・・・・・・イズミ君だ

なるほど、右後方から威嚇して、私を前に出して、受験生に狩らせる作戦か?
上手い連携だな、このままイズミ君の圧力で前に出れば、敵陣地方向に居るだろう
奴に身を晒す事になり、奴の勝率は飛躍的に上がるだろう

そんな彼らの連携プレーを予測して3秒先の彼我の位置関係を脳内マップに描き
より生存の可能性が高い位置取りと、そのために必要な威嚇・制圧射撃をしていると
有り得ない、予測を超えた行動をするゲーマーが飛び出してきた。









イズミ君・・・・・・・・・・・・・・・









君さぁ、初心者卒業試験の受験ゲーマーにアシストする気で、敵になったと思ってたけど
私の右後方から射撃した後、周りの敵に見向きもしないで、ダッシュで走り込んで
私の背中に撃ち込んできたのは、何故だい?




奴のアシストじゃなく、マジで私を狩りたかったって事なのかな?




ゲーム終了後に聞いたら、我慢できなかったって言ってた





残念だったねー、初心者ゲーマー卒業試験は落第となりましたので
2年目ゲーマーを名乗れない結果に成りましたよ




追試は後日にしましょう
スポンサーサイト

Comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

Copyright (C) 総監のひとりごと All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。