総監のひとりごと

北海道から本土に渡った総監の単身赴任日記。とりあえず無理矢理ヨメが作り与えたブログなので今後の運用に不安が… byヨメ

プロフィール

kenji@BG

Author:kenji@BG
齢 (よわい) 30歳から
始めたサバゲーに
どっぷりとハマッタ、
中年ゲーマーの独り言です。

完全不定期更新の為、
来訪者の皆様に
満足して頂けない場合が
多々在りましょうが
そこんトコはご勘弁下さい。

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや

古代中国の時代に、陳勝という農民がいました。




彼は極貧の中に生まれ、育ち、己の境遇を呪いながらも密かに

いつか出世して、世間を見返してやると考えていたそうです。





秦の二世皇帝時代のある時、役人の命令で万里の長城警備の任に就く事になった陳勝




同じ境遇の農民達と、任地への行軍をしていましたが、長雨等の影響で道は水没し、

命令された日時までに、任地へ到着できない事が判明しました。




秦の法律は厳しく、任官日時を過ぎても集まらなかった農民兵は、問答無用で斬首と決まっています。




農民兵を連れ立って行軍している兵士達は、責任を負わされる事が無く

最下層の農民兵だけが厳しい処罰を受けるのです。




この理不尽な境遇に、自棄になった陳勝は、兵士達を切り殺し

農民兵に激を飛ばしました。




「おれたちの生きる道は一つしかない。
  それは、おれたちを苦しめ通してきた秦と戦うことだ。
  おれたちの国をおれたちの力で興そう。
  おれたち百姓だけが
  虫けらのように辱められていることはないのだ!」




 「王侯将相寧ぞ種有らんや」 
  (誰も皆同じ人間ではないか!王侯にも将相にも皆なれるのだ!)




僅か1000人にも満たなかった農民兵は、近隣の県を掌握し

たった数ヶ月で、数十万の軍隊と広大な地域を支配し、

世界史上最初の、そして大規模な農民蜂起を成功させた。









しかし、本気になって暴徒鎮圧に乗り出した

秦の正規軍、数百万の軍勢に恐れおののいた部下達の反乱により

陳勝は、殺害されてしまいました。









最近の女帝様を見ていると、項羽のようだとも思っていましたが、

陳勝の残した言葉も思い出します。




 「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」 
     (燕や雀のような小鳥には、大鳥の大志はわからない!)









どうか、本日の会議で厳しい言葉を同僚の方達に浴びせて

恨まれ無いように気をつけてね。









まだ、未亡人には成りたくありませんから
スポンサーサイト

Comment

そ、そんな評価ですか (T-T)
気をつけます。

私の基本姿勢は「為すべきことを為せ」

その程度。
  • by:ヨメ
  •  | 2009/12/17/23:54:43
  •  | URL
  •  | Edit
#No title
出来る女性は大好きです。

綺麗で出来る女性はもっと好きです。

キツイ女性は苦手です。

今晩のサザンクロス会(忘年会の前夜祭)で、
あんまり私の悪口を言わないで下さいね。
  • by:kenji@BG
  •  | 2009/12/18/11:20:08
  •  | URL
  •  | Edit

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

Copyright (C) 総監のひとりごと All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。