総監のひとりごと

北海道から本土に渡った総監の単身赴任日記。とりあえず無理矢理ヨメが作り与えたブログなので今後の運用に不安が… byヨメ

プロフィール

kenji@BG

Author:kenji@BG
齢 (よわい) 30歳から
始めたサバゲーに
どっぷりとハマッタ、
中年ゲーマーの独り言です。

完全不定期更新の為、
来訪者の皆様に
満足して頂けない場合が
多々在りましょうが
そこんトコはご勘弁下さい。

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の大曲初戦

5月10日、今年最初の大曲ゲーム会が開催されました。


平日用にセットされていたアラームは午前5時・・・・・


もはや寝る事は出来ないと思い、隣の女帝様を起こさないように
そっと布団から脱出を図り、廊下で着替える。


洗顔・装備の積込を行い、家を出たのは午前6時前です。


当然のようにフィールドへ一番乗りを果たすが、
誰も居ないので、着替えと本部ターフの設営。


それでも飽き足らずに陣地周辺のブッシュ確認等を行い、
本日のゲームをシュミレートした。


車の接近する音が聞こえたのでセーフティーゾーンへ行って見ると
白い乗用車が来ていた・・・・・・・


フィールド管理者の大総統が登場。


普段から御世話になりっぱなしで、頭の上がらない私は
最敬礼で朝の御挨拶をさせて頂くが、早起きで機嫌の悪いOKAZAKI大総統は



大総統「敬礼の仕方が変だろがぁ、あん!」

kenji  「ソーリー、サー!」

大総統「おめぇの顔、ムッさいんだよぉー、あぁん!!」

kenji  「ソーリー、サー!!」

大総統「俺様に逆らったら、フィールド使わせねーぞーゴォォラァァ、あぁぁん!!!」

kenji   「サー、イエッサー!!!」



朝から不機嫌なOKAZAKI大総統の怒声を拝聴し、
全身((((;゜Д゜)))ガクガクブルブルの、涙目になりながら
健気にも他のメンバーの到着を待ちまっていると、



大総統「おい! MINIMIの奴はどーした?」

kenji 「サー、午前8時には到着すると連絡は有りました。」

大総統「おめぇの時計は今何時になってんのよ?」

kenji 「サー、午前8時5分であります。」

大総統「なにぃぃぃ、遅刻だぁぁぁ、ヤキ入れだな。」

kenji 「す、数分遅れても作戦に支障は・・・」

大総統「貴様、俺様に逆らうのか? フィールド使わせねえぞ、ゴォォォラァァァ!!!」 

kenji 「((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル」



もはや、私ごときでは大総統の怒りを静める事は敵わず、

大総統の怒りは、私やMINIMIはもとより、多くの参加者へ向けられ

ゲーム中も無敵の強さを誇る大総統の活躍に、誰もが恐怖を感じた一日でした。






※ このレポートはフィクションです、登場人物は実在の個人・団体とは
  全く関係ない事を明記致します。
スポンサーサイト

Comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

Copyright (C) 総監のひとりごと All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。