総監のひとりごと

北海道から本土に渡った総監の単身赴任日記。とりあえず無理矢理ヨメが作り与えたブログなので今後の運用に不安が… byヨメ

プロフィール

kenji@BG

Author:kenji@BG
齢 (よわい) 30歳から
始めたサバゲーに
どっぷりとハマッタ、
中年ゲーマーの独り言です。

完全不定期更新の為、
来訪者の皆様に
満足して頂けない場合が
多々在りましょうが
そこんトコはご勘弁下さい。

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人は1人では生きて行けない

前回の日記で、私の大切な友人の2人が、お互いの考えの違いから
離れた関係になりそうな事態になったので、何とか出来ないものかと
約1週間ほど、色々な方達のお力もお借りしながら事態の収拾に動きました。





私の呼びかけに応じて、長時間もの貴重な時間を与えてくれた皆様。
この場をお借りしてお礼申し上げます。





2人の関係を元の状態に出来れば、それは最高の結果となり得たと思います。

しかし、双方の考えや思いを聞いて、最高の結果となる事は現在の両者の状態では

彼らに更なる苦痛を与えてしまう結果になりそうだと理解しました。





ならば、彼らの周囲に居る友人達が、今後も双方との関係を保ちつつ

当事者達とも、周囲の友人達とも良い関係を築いていける環境を保てるように

決着できないものかと、私の目標とした今回の決着を修正する事にしました。





結論として、私の考えていた通り、彼らはお互いの個人的な思いや考え、

主義主張の相違から積み重なった歪が、今回の仲違いという結果になったものの

周囲の友人達が混乱や困惑といった事態になる事を、非常に危惧していました。





自分達の今回の件で、周りが悪い方向へ突き進めば、絶対に良い結果にならないと

知っているから、彼らは周りを巻き込みたくないと思っていたと信じます。





彼らに近しい方達へ

両者の話を聞いて、今回御節介ながらもしゃしゃり出てしまった私のお願いとして

皆さんに話させていただきます。

本当は仲直りしてくれる事が最高の結果だと思いますが、私の力不足で

両者の溝を埋める事は出来ませんでした。

今、祈れるとしたら、今後 お互いのまだまだ長い人生の中で

「昔、些細な事から喧嘩しちゃったよね、あの時はゴメンね」っと言える様な時がくれば

その時は、心からオメデトウと伝えたいです。




現在の状態で仲直りといった最高の結果は得られませんでしたが、

私のように両者と付き合いがある友人達が、今後も彼らと分け隔て無く

付き合って行くのに、両者は口を挟まない。

干渉しない。

その行為を疎ましく思わないと約束してくれました。





この結果をもって、今回の幕引きとさせて頂く事とし、

今後も付き合いを持続する事が、両者の為にもなると信じようと思います。




最高の結果は得られませんでしたが、

最善の結果は得られたと信じて、今後の皆さんとも御付き合いをしていきたいと

強く感じた1週間でした。





御協力頂いた両者の共通の友人の皆様

お疲れの所、お時間を頂きまして心より感謝します。

お蔭さまで何とか最善の結果まで持っていく事が出来ました。

心より感謝します。





本件に付きまして、コメントやメール、掲示板への書き込みは一切不要です。

心の中で、2人の今後や周囲の皆の関係がより良い方向へ進むことを

一緒に願ってください。





本当に有難う御座いました。
スポンサーサイト

あらためて思うこの頃

人の縁というのは不思議なもので、一生出会わない人もいれば
出会う運命にあった人達もいる。





同好の仲間として知り合い、集って楽しむ人々も居れば
互いの主義主張の食い違いから、争いごとをしてしまう場合もある。





ほんの僅かなすれ違いから



ほんの些細な考えのズレから



ほんの小さな心の隙間から



積み上げてきた信頼・信用・信望を崩壊させてしまう場合がある。





人間関係というのは儚く脆いもののような気がします。



どんなに強い絆であっても、例外は無いのかもしれません。





人間とは後悔する生き物だそうです。



あの時、あんな事をしなければ良かった・・・・・



あの時、もっとしっかりと話し合えば良かった・・・・・



あの時、トコトン手助けして上げれば良かった・・・・・



あの時、もっともっと・・・・・





今、私の大切な友人達が心の擦れ違いから決別しようとしています。



どちらも私にとっては大切な友人であり

どちらも私にとっては大切な恩人であり

どちらも私にとっては大切な縁を紡いだ人達です。





正直言って二人とも、外野の人間がしゃしゃり出て来る事を望まないかも知れない。

かなりお節介な事ではあると思います。





でも、私にとっては共通の友人でもあり

どのような内容の主義主張、考え方の違いであったとしても

どちらの考えが私の考えに近いとしても、少しでも彼らの関係が修復できないものか



完全に断絶してしまった二人の縁を、私の至らないお節介で結び直そうとするのは

私自身のエゴかも知れない。

私自身の自己満足かも知れない。

私自身の逃避行動なのかも知れない。





でも、どちらかに同調するのは簡単です。

実際、内容を知っている私は片方の真意を理解できますから。



それでも、・・・・・・・・・





ごめんなさい、上手く表現できませんが、

何もしないで後々後悔するよりは、思う存分行動してみて後悔したって

私らしくてイイよね?





お節介モードに入ります。





馬鹿な野郎だと思う方達も多くいらっしゃると思いますが

申し訳ない、私が納得するまで走らせて下さい。





転んでも自己責任です。

6月8日 大曲

世の中は「YOSAKOIソーラン祭り」で賑わっているというのに
我々は相変わらずのサバゲー三昧・・・・・・

外ゲームのシーズンインから殆ど全ての日曜日にサバゲーをしている我々

ハッキリ言って病んでます・・・・・・・・・
そう言えば埼玉出張中にお世話になった方達にも聞かれたっけ

「北海道のゲーマーってどの位の頻度でゲームしてるの?」って

勿論、私は胸を張って応えたさ、・・・・・・・・

「ほぼ毎週です。」

少しばかり本州ゲーマーの顔色が変わったのは事実です。

4月27日 小樽

5月 5日 小樽

5月11日 大曲

5月18日 小樽

6月 1日 小樽

6月 8日 大曲

この7週間でゲームする事、実に6回・・・・・・・

正に病んでますね。

埼玉の皆さんが呆れるのもうなづけるというものです。

そして今月は今週末にも小樽

そして第5日曜も小樽・・・・・・・・

最早、ホームフィールドでゲームしているよりも多く参加する小樽では

フィールドの隅々まで熟知していると言っても過言ではありません。

夏も本番になりつつある北海道。

熱いシーズンは止まらないですね。

地主様は神様です

我々サバゲーマーはフィールドが無いとゲームが出来ません。

当たり前の事ですね。

当然、我々の趣味を理解してくれる方達の協力が在って
初めて成り立っている訳です。

大曲もMACV-SOGさんが地主さんから借り受けて我々が使わせて頂いています。

小樽もPURPLE HAERTさんが地主さんから借り受けてゲーム会が開催されています。

山猫さんやバーサスさんも企業等が所有している場所を提供してくれているし
北海道の特に道央圏では、地主様の許可済みフィールドが豊富で
我々ゲーマーにとって大変有難い環境になっていますよね。

各フィールドの地主様に改めて感謝致します。





ところで、我が家に新たなディフェンスマシーンがやって来ました。

彼の存在は、我々家族に平和と安定をもたらす事でしょう。




鉄壁の砦、ナショナル 温水洗浄便座 DL-GZ20-CP ビューティ・ トワレ




痔主の私達家族には欠かせないパートナー




感謝します。

Copyright (C) 総監のひとりごと All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。