総監のひとりごと

北海道から本土に渡った総監の単身赴任日記。とりあえず無理矢理ヨメが作り与えたブログなので今後の運用に不安が… byヨメ

プロフィール

kenji@BG

Author:kenji@BG
齢 (よわい) 30歳から
始めたサバゲーに
どっぷりとハマッタ、
中年ゲーマーの独り言です。

完全不定期更新の為、
来訪者の皆様に
満足して頂けない場合が
多々在りましょうが
そこんトコはご勘弁下さい。

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春風って?

先週の土曜日に春一番が吹き荒れ
関東ではアチコチで被害が出ました。

春の最初に吹く風を「春一番」と言うなら
あれから吹き荒れている連日の強風は
春二番とか春三番とか言わないのかな?

いやあ 北の大地から来た田舎者の戯言ですから

只ね 花粉と埃で生活に支障がでてると
正直イライラが溜まります。

ついつい「杉林」なんていらねー

とか思ってしまう私

あー 北海道に帰りてー
スポンサーサイト

花粉症の猛威

昨日の春一番から、杉花粉が酷く乱舞してます。

鼻水が止まらない。

くしゃみが止まらない。

涙が止まらない。

日曜日だからお出かけしたいけど
宿舎のそばの杉林が揺れに揺れている。

当然花粉も大量生産中だから
こんな花粉の弾幕の中をお出かけできる自信が無い。

今日1日………………

どうやって過ごそう?

やっちまった

皆さんは経験が有りますか?

車内にキーを入れたままドアロックを掛ける。

そう、いわゆる「インキー」と言う状態。

本日午前中にやっちまったようでして………

昼から最寄りのスタンドから例の工具を借りて
開錠作業を開始しました。

恥ずかしながら過去にも経験が4度程あるので
工具さえ有ればそんなに難しい作業ではないと
タカをくくってましたよ。

約2時間頑張りました。

一向に開く気配なし

色々な人に教えて貰いましたが
最近の車になかなか開錠出来ない造りになっているらしいですね。

会社の上司に報告し、JAFを頼んでイイかを訪ねると
今、草加市に居るから本庄市の資材センターまでスペアキーを
取りに行ってくれるとの事。

わざわざ取りに行ってくれるなんて、有難う御座います。





ところで所要時間てどの位掛かりますか?

草加市から出発して本庄市
そこから鷲宮町までって???

現役17時35分

後何時間待つの?

第9ゲーム(ゲット数新記録)

本日最後のゲームは奥の陣地を守ります。

守備陣9人で16人を相手に守りきるように頑張りますよー。





S.I.Dの隊長さんが人員の配置を指示する、

各員の装備や配色に見合った場所を的確に選んでくれます。





デザートタイガーを着用している私は枯草ゾーンの外れを守る事になりました。





ゲームスタート、直後にもの凄い人数が枯草ゾーンを迂回してくるのが見えた。





枯草ゾーンの外れで息を潜めて様子を見ていると、

先程のゲームで最初にゲットしたゲーマーが目の前に現れた。

しかし、大部隊が移動している筈なので、すぐに発砲するのを止めて

後続の出現を待ってみる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





案の定、後続のゲーマーが現れたがすぐに迂回方向へ消えて行った。





これ以上最初に発見した敵ゲーマーを野放しにすると味方の背後を取られるので

仕方なくゲットする事にします、彼が陣地の方向を見ている隙をついて側面から

1連射叩き込む、ダァッラララララララーーーーーーーーーーーーーーー!!!!





彼を倒した後、周囲を索敵したが辺りに他の敵を確認出来ない、

陣地方向を振り返ると銃撃戦が始まっていた。

慌てて援護に向かうとフラッグ付近まで敵が来ていて、

周囲の防衛軍と戦っていた・・・・・・・・・・・・・・





身近な木立の中にプローンしてこちらに撃ってくる敵目掛けて撃ちまくる。





ダァッララララララララララララララララーーーーーーーーーーーーーーーーー





1マグを消費した頃に殆どマグレで当たったとしか思えないが、

敵がセーフティーゾーンへ帰って行く・・・・・・・

え? うそ?? マジで??? メクラ撃ちだったのに当たったの????

運も実力の内という言葉もありますので、戦果に数えさせて頂きます。





中央の敵を排除出来たので元の守備位置に戻り敵の様子を伺う・・・・





後方の迂回路方面から発砲音が聞こえる・・・・・・・・・・・・・・





そろそろ敵の後ろへ移動しても大丈夫かな? って思えたので、

本日覚えたばかりの迂回路を途中から逆に移動、

そろーーーり、そろーーーーーーーーーりと自分の陣地へ向かうと

居ました居ました、いつも倒せないロシア系装備のゲーマーが・・・・





1連射を背中に叩き込み3人目をゲット。





そのまま道路なりに進むと味方へ撃ち込む敵の姿を発見!!!!

イケメンさん(セイン・カミュ似)がおったーーーーーー!!!!





本日3回目のイケメンゲットチャンスが到来してまいりましたーーーー!!!





どうやら味方の主力方面に遠距離攻撃しているようで、

私には全く気付いていない様子。

ターゲットが銃撃している横っ面に1連射叩き込む・・・・・

ヒットコールと共に立ち上がり去って行くイケメン。





イケメンはどんな仕草もカッコイイっすね。





更に彼の後方にも敵が居たので、同じ場所に出て来た瞬間に

美味しくゲット成功。





1ゲームで5ゲットは埼玉ゲームの新記録です。

とてもイイ気分で本陣に戻りましたが、その後河側での銃撃戦で

あえなく戦死を遂げました。





でもでもでもでも、何か気分が爽やかで楽しかったので

大満足の1日でした。





来月のゲームも絶対参加の方向で調整します。

第8ゲーム(日頃の行いの報い?)

今回も防衛ゲームですが、S.I.Dの隊長さんからスカウトされまして

今回から防衛チームへ編入です。

この回のゲームは防衛チームが手前の陣地という事で布陣、

デザートタイガー装備の私は向かって右側の竹薮と枯草ソーンの

境界線を守備位置に任命された為、一番ブッシュの濃い場所に布陣。






スタートの合図で私よりも更に右側へ飛び出す味方を援護しながら

敵を索敵します・・・・・・・・・・・・

激しく枯草ゾーンの奥の方へ銃撃をする味方

身を乗り出して確認するとブッシュの隙間から敵の影が見えますが

目測で相対距離70m以上あります。

まぁ、多分ブッシュ越しだし当たんねーべと思いつつ

援護の意味を含めて1連射を送ると、遥か彼方のターゲットに着弾しちゃった。

後にセーフティーゾーンで、彼から

「随分遠距離から撃たれたと思って帰ってきたら、まさかあんなに離れてるとは」

「ちょっとショックでした」と言われました。

風上だったからねー、こんな事もありますよーー。





枯草ゾーンの敵が居なくなったのでブッシュの中で待機していると

普段は絶対人が侵攻してこないと思ってた竹薮の中から敵が近付いて来た。





ブッシュが濃いので撃っても当たらないと思い、射界に入るまでしばし待つ。





少し開けた射界へ敵が出た瞬間彼の銃が別の味方に向かって構えられた。





しまった!! 瞬間的に敵の銃へ1連射するが、敵の銃撃により味方は戦死。

敵も倒したものの、彼を見てドッキリとした。





倒した敵はマルチカモ装備の強敵、彼はいつも同じ装備の仲間とツーマンセルで

作戦行動している筈、しかし先程からの移動音は1人分しか確認していない。





倒した敵の出て来た濃い竹薮の方向を索敵した瞬間、激しい銃撃が始まった。





バァッララララララララララララララララララララララララーーーーーーー





ブッシュが濃い為大部分は抜けて来ない、がプローンした私の頭上をなめるように

左から右へと射線が移動して行く。





私の正確な位置が掴めていないような射撃だったので、反撃せずにチャンスを待つ。





しかし、彼の射撃は全然収まらない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





バァッララララララララララララララララララララララララーーーーーーー





激しい銃撃に耐えながら完全プローンしていると後方からフラッグゲットのブザーが鳴る。





バァッララララララララララララララララララララララララーーーーーーー





あれ? 射撃音でブザーが聞こえてないみたい・・・・・





と思っていたら流石に数発の弾が抜けて来て身体に当たる。





ヒット!! とコールするが全然射撃が収まらない・・・・・・・

どーやらメカBOXの動作音で私のヒットコールが聞こえないようだ。

大声でヒットコールを試みた瞬間完全プローンから息を吸い込んだ為

口の中に枯草やらゴミやらが入ってきて噎せ返る・・・・・・





「怒りで我を忘れてる・・・・・鎮めなきゃ」by 風の谷のナウシカ





とは言うものの、耐えるしか出来ない私は頭蓋骨を粉砕されながらも彼の怒り?

が収まるのをじーーーーっと耐えた。





やっと銃撃が終わった時、私は少し? いやいや大分涙目になっていましたが

頭の痛さを押えつつニッコリと挨拶してセーフティーゾーンへ帰りました。





頭蓋骨をこんなに撃たれたのは、北海道の某NSチームリーダー以来だな、

奴のM249SAWが懐かしいよ。

第7ゲーム(演技力の無い自分に涙)

このゲームからS.I.Dの隊長さんが提案した防衛ゲームの始まりです。

防衛側は奥の陣地を20分守り切れば勝ち、

攻撃側は時間内にフラッグを奪取できれば勝ち、

防衛側は選抜された8人、残り16人での総攻撃となります。






防衛側が先に奥の陣地へ移動してから大事な事に気付いた。

いったいどの辺りまで守備陣は布陣してるの?

大事な取り決めを確認していなかったので、色々な憶測が飛び交っていた。





ゲーマーA 「どこら辺まで出てきて守ってると思う?」

ゲーマーB 「せいぜい竹薮の出口くらいだろ?」

ゲーマーC 「いやいや、あの隊長の事だから意外とその辺に居るかも?」

などと色々な憶測で混乱し始めた攻撃軍・・・・・・・・





スタートの合図で慎重に進軍を始めた攻撃軍は、

竹薮ゾーンを進むイケメンチームと、大迂回ルートを選んだデザートチーム。





私は何故かポツンと中央の枯草ゾーンで身体を晒してゆっくりと進む。





その辺に伏兵が居たら、速攻で撃たれるなーーーーーって考えながらも

敵の潜んで居そうな場所に視線を移して移動する・・・・・・・・・・





少しすると河側から銃撃戦の音、激しい連射音の後で守備軍の1人が

ヒットコールと共に帰っていく・・・・・・・・残り7人





更に激しい銃撃が河側で続くものの、私の方へ撃ってくる様子は無い

必ず反対側にもアンブッシュしてる筈だと予測して、敵が居そうな場所を

よーーーーーく見つめる・・・・・・・・





向かって右の木立の中で何かが動く音がした。





緊張が走る中、顔は河側を向きながら視線だけを木立の中に向ける。





居た!!





木立の暗がりの中にキャップと肌色の顔、そしてニヤっとした顔がハッキリと見えた。





木立の奥からの光で浮かび上がったシルエットは紛れも無く函館出身の彼だ。





彼の視線は私をロックオンしているが撃ってくる気配は無い。





相対距離が60m位ある為と彼からは向かい風の為に、もう少し私が近付くのを

待っているものと思われる。





私は極力彼を見ないようにしながら、居もしない後方の味方に大きなジェスチャーで

迂回の合図を送っている振りをする。





私のこの日使用している電動GUNは次男坊の「雷神」

長距離まで届くようにセッティングしていた為、相対距離60mは届くけれど

窪みにプローンしている敵の場合、弱ホップ気味になっている弾道では

彼の手前の地面に当たるか、頭を越えて飛び去ってしまう事が予測される。





もう少し彼が油断してくれると何とか倒せるけどなーーーー





そう考えていると河側でまたもや激しい銃撃戦



 

今度は守備陣の2人が戦死して帰っていく、瞬間木立の中の彼は視線を河側へ移した





チャンスとばかりに5m程ダッシュし、彼へ向かって激しく撃ち込む





ダァッララララララララララララララララララララララララーーーーー





案の定手前の地面に弾かれる弾と彼の頭上を飛び去る弾、

構わず更に連射を叩き込むが中々当たらない。





1マグを消費する頃にようやく何発かの着弾があったようで

苦笑いを浮かべながら彼が木立から出て来た。





すれ違いざまに彼が放った一言が、どんな至近距離で撃たれたBB弾より

私の身体に突き刺さった・・・・・・・・・・・・・・・





「隊長さん(北海道のチームのと言う意味)、演技してたのバレバレっすよ」





がーーん!、ガーーーン!!、臥ーーーーん!!!





上手く騙したと思ってたら、バスかしいくらいバレバレだったとは・・・・・・





なまら恥ずかしいっす・・・・・・もう少し演技力を身に付けます。

※演技力でなくて戦闘力を身に付けれよ、ゲーマーなんだからよ!!
 っていう突っ込みは今の僕には辛い突っ込みなのでご勘弁してください。

第6ゲーム(風の当たらない陣地でノンビリ)

特にレポートする事はありません

それくらい暇を持て余してました。

手前陣地の前方10mくらいの所にある窪みで、ずーーーーっとアンブッシュしてましたが

誰も来ないで時間切れ・・・・・・・お互い攻め切れなかったみたいです。

第5ゲーム(初めての大迂回)

腹も一杯になって午後からのゲームに挑みますが

昼食時にタップリとかいた汗が強烈な風に晒されて、

猛烈に身体を冷やしてきました・・・・・・・・・

このままでは確実に風邪を引きそうだと感じた私は

ディフェンスからオフェンスへ行動をチェンジする事にし、

動き回って身体を温める事にしました。



※この夜、寒気と頭痛が襲ってきましたので確実に風邪を引いたと思われ

 遊びに行って風邪引いた馬鹿者と罵られたのは言うまでもありません。






今度は奥の陣地からスタートする

珍しく今回はオフェンスチームに混ざって、大迂回ルートを侵攻する作戦に出ました。





初めてのルートでして、迂回が得意なメンバーに案内していただき、

どれだけ大変な移動なのかを体験させて頂きました。





スタートと同時に走る・・・・・走る・・・・・走る・・・・・





まだ走る・・・・・全然走る・・・・・途方も無く走る・・・・・





止まる様子無し・・・・・敵を警戒する様子無し・・・・・休憩の気配無し・・・・・





ゼイゼイゼイ・・・・・ハアハアハア・・・・・ちょっ、ちょっと待ってくれ・・・・・





今年40歳になる私には、この日東京で行われていたフルマラソンに匹敵する強行軍。





やっと先頭の味方が止まった・・・・・・・





このチャンスに呼吸を整えて周囲を警戒する。





辺りに敵の気配なし・・・・・・





徐々に敵陣に接近する・・・・・・





枯れ枝ゾーンを抜けて開けた空間へ出た瞬間、敵を発見した・・・・・





グリーン兵が一人・・・・二人・・・・三人・・・・





後方の味方にも知らせて一気に殲滅する事にしました。





いつの間にか最前線に居た私が第一発砲者になるべく隠密行動で前進します。





ダァッラララララ・・・・・・・・・・




一人目の背中を不意打ちし、瞬時に二人目・三人目へと銃口を向ける。




ダァッララッバラッパララパラッパララ・・・・・・




げ!! 給弾不良を起こした・・・・しかも居場所がバレた。





猛烈な反撃に遭うものの、味方の援護のお陰で何とか後退に成功、

再度迂回を開始し、敵の後方を目指した。




先程の敵の裏側を目指したものの、枯れたブッシュは結構厚く、

バキバキと派手な音を立てる・・・・・・やっとの思いでブッシュを抜けた瞬間

左の首筋に着弾を確認。




ヒットコールと共に撃たれた方向を見るとイケメンさん(セイン・カミュ似)

不敵にも手を振って挨拶してくれてます。





・・・・・・イケメンさんに撃たれると普段の数倍ヘコムのは私だけでしょうか?

昼食

待ってました、楽しいお昼御飯の時間がやって来ました。

本日のサバゲーメニューはアンコウ鍋とうどんです。

鍋に寄せ鍋の汁と水を適量注ぎ、沸騰するまで待ってから

一気にアンコウを投入します。





更に沸騰するのを待ってから野菜を放り込み、煮えた具材から食す。





ある程度具材が無くなったら、うどんを投入し温まったらバクバク食う!!!!




ハッキリ言って美味いですー!、温まりますーー!!、最高に贅沢ですーーー!!!、





さっきまで寒さで震えていたのに、熱々の鍋のお陰で汗だくになってお昼を堪能。





午後のゲームへのエネルギーが溜まります。

第4ゲーム(良いトコ無しの役立たず)

お昼前のゲームで気持ちは既にアンコウ鍋+うどんに移っていた為

全くの攻める気無しで臨んだゲーム・・・・・・





河沿いのルートでインターセプトする予定でしたが、

敵が全く来ない・・・・・・





全然来ない・・・・・・





静かだ・・・・・とてもゲームしているとは思えない





暫く仰向けで寝そべってると味方陣地でブザーが鳴り響く





あれ? もしかして寝過ごした? ていうか敵さんの侵攻を完全に見逃たか?

ごめん、デザートの皆さん・・・・・次は頑張るから勘弁して下さい。

第3ゲーム(初のデザートゾーン侵攻)

奥の陣地からスタートした後、一旦は風の影響の少ない竹薮へ近付いたものの

味方の戦力が十分に布陣しているので、枯草ゾーンへ移動しました。





竹薮のギリギリを静かに移動し、敵陣を索敵します。





味方の射撃にも助けられ、敵に接近する事に成功し、長距離射撃で1ゲット

このまま枯草ゾーンを進むのは困難だと判断して、竹薮の中央へ移動する。





流石に味方がどの辺まで侵攻しているのかも判らなければ

敵がどの辺に居るのかも判らない常態で慎重に進むと

河側の敵味方の銃撃からの流れ弾なのか、移動する時に引掛けた竹の枝なのか

ペシっという音で身体に何か当たった感覚があったので、一応ヒットコールして

戦線を離脱いたしました。





私を撃った人・・・・・・誰ですか? 足のあるゲーマーだとイイナー

時々足の無いゲーマーに襲われる確立が高い当チーム員・・・・・・

埼玉まで来てそんなの経験したくないなーーーーーー・・・・・・・

第2ゲーム(イケメンをゲットの喜び)

第2ゲームはセーフティーゾーン側からのスタート

第1ゲームでの醜態を挽回するべく、陣地付近でアンブッシュするのではなく

少し前方でのインターセプトを実施する事にしました。





ゲームスタートの合図と共に次々にダッシュしていくデザートチーム

数人が私の前を走っていきますが、40歳目前の私は彼らの後に続きます。





フィールド中央まで移動した時、前方の竹薮から発砲音が聞こえてきました。

間もなく味方が何人か戦死して帰ってきます。

このまま前進しては私もヤラれると思い河側へ迂回・・・・・・・





グリーンチームの潜んでいると思われる竹薮の中をジッーーーーーと見つめると

明らかにプローンしていると思われるウッドランド迷彩を発見





味方を倒したのはきっと彼だな・・・・・仇は討たせて頂きます。





周囲に敵が見当たらないのを確認した後、静かにトリガーを絞る





ダァッラララララーーーーーー





ヒットコールと共に立ち上がったのは現役モデルさん(ドラマ医龍の伊集院似)、

1連射で彼を撃破した後、更に辺りを警戒するとものの数秒後に第2目標が

匍匐で竹薮の中を進んで来てるのを発見。





1番射界の確保できるポイントまで進んだ瞬間に、1連射を叩き込む

ダァッラララララーーーーーー





さらに周囲を警戒すると、同じ竹薮の若干河側に動く影を発見。

ファマスのシルエットを確認したので、彼へ銃口を向ける・・・・・・





ファマスの敵は一旦後退したものの、暫くすると再び匍匐で前進を開始、

先程の敵と同じく絶対必中ポイントまで出て来た所を美味しく頂きました。




第2ゲームで3ゲットの戦果を上げて喜んでいると、敵陣からフラッグゲットのブザーが

鳴り響き本日の2連勝を記録しました。





このまま連勝が続けば、イイんだけどねーーーーー




それにしても、イケメンモデルさんをゲットできた瞬間、言葉では表せない喜びが・・・・




きっと、自分に無い彼の容姿に嫉妬の炎がメラメラと燃え盛ったのでしょうか?




俺だって若い頃はそれなりにモテてたんだーーーい!!




レースクイーンの彼女なんて、羨ましくないやーーーーい!!!!!!!!!!!!!!









スミマセン、取り乱しました。





北海道のメタボ大帝は今後もイケメンチームに無謀な戦いを挑み続けます。

※モテ度では勝負にならないので、せめてサバゲーで挑戦します。
 ていうかそれ以外では勝負にすらなりません・・・・・・(涙)

第1ゲーム(幻の戦果)

奥の陣地からスタート、相変わらずディフェンスを志願して

敵のイケメンオフェンスチームを迎撃する予定の私は、

スタートコールと共にフラッグの後方へ移動して、竹薮方面から来るであろう

先月のゲームで味方だったグリーンチームが攻めて来るのを待っていました。










来ない









全然来ない









時折かなり遠くで発砲音が聞こえるが、コッチは寂しい










5分程度経過した時、異変が起きました。




突如、フィールドの中央付近からグリーンチームが大挙して移動して来ます。







我々ディフェンス陣(2人だけど)は、やっと出番が来たーーーーーっと

フラッグ後方の窪みに潜んで敵へ銃口を構えますが、

フラッグ手前の開けた辺りまで出て来た敵の数は、ゆうに10人を越えていました。




げっ!! 何でそんなにいっぱい居るの?

デザートチームのオフェンス陣は、ほぼ全滅したのか?

この人数を相手にできる戦力は、我々には無いぞ・・・・・・





とりあえず先頭の敵に照準を合わせる・・・・・・・





引き付けて引き付けて・・・・・・・





連射開始

ダァッラララララララララーーーーーー

自衛隊迷彩の敵に白いBB弾が吸い込まれるように当たる。





あれ? 何かグリーンチームの反応がおかしい




反撃するどころか、何で撃ってんの? って顔でこちらを見てる?




敵 「あのー・・・・もう終わってるよ」

俺 「マジっすか? ごめんなさい、気付きませんでした」




どーやら、ものの数分でグリーンフラッグは陥落していたようです。




本日の第1号戦果は幻となりました。

次のゲームに頑張りましょう。

2月17日 今年2回目の埼玉ゲーム

寒い・・・・・・





本日の予想気温・・・・・・7℃





しかも風が結構な勢いで吹いてる・・・・・・





過去に参加したどのゲーム会でさえ、ここまで寒さを感じさせたゲームは無い





こんだけ寒いと昼食には暖かいモノが食べたいと思いまして

朝のスーパーマーケットでの食料調達は、必然的に鍋モノに決定。





鍋用の野菜セット・アンコウ鍋セット・寄せ鍋の汁・2リットルの水・うどん




これで本日のメニューは完璧です。

※後で悲劇が待っているとは、この時点で考えもしませんでした。





午前10時、フィールドへ到着

もう既に大勢のゲーマーの皆さんが準備しています。

早速、朝一発目のご挨拶に奔走して、愛嬌一杯の笑顔で爽やか? ゲーマーをアピール。

※4月で40歳になるくせに、何が愛嬌よ? 己の風体を鏡で見てから言えや!!
 という突っ込みは無しの方向でご勘弁下さい。





本日のゲームでもグリーンチーム(イケメンチーム)VSデザートチーム(メタボチーム)に

分かれるとの事前情報だった為、北海道ではメタボ大帝の称号で呼ばれる私は

デザートタイガーとデザートブーニーで参加。

S.I.D の隊長さんやマーさんと同じチームで一日を楽しみます。

※決して隊長さんやマーさんがメタボだと言ってる訳ではありません・・・・・
 ホントだよ・・・・・マジだってば・・・・・信じてお願い・・・・・

靖国

やはり東京観光で、ここは外せない。

靖国神社

日本人たる者、一度は参拝したいものです。

靖国神社に到着すると巨大な鳥居がそびえ立つ

夜半に降った雪が溶け
巨大鳥居から水滴がひっきりなしに落ちてくる。

これは現役のゲーマーを試しているのか?

よーし、かわして見せようじゃないですか、
秒間15発の電動ガンから撃ち出されるBB弾さえ
楽々かわす現役ゲーマーですから(距離さえあればね)

先に女帝様が水滴をかわして鳥居をくぐり抜けた。

次に私のチャレンジ

上を見上げて水滴が落ちてくる間隔を読む

…………………………

今だ!!

体の幅に落ちてくる水滴を見切り、
一粒目をかわし二粒目を避けた瞬間
右側頭部に直撃を食らった。

メタボ大帝、靖国神社の第一鳥居で戦死

こんなヘタレじゃ戦死しても英霊として祀ってもらえない………

浅草

東京メトロで日本橋から浅草へ出掛けました。

あいにく小雨模様でしたが、
観光には影響なし
アジア圏の観光客に混じり
仲見世通りを抜けて
浅草寺を目指しました。

名物のお線香の煙を全身に浴びて
本堂に参拝………

そこで引いたおみくじは
見事に大吉

幸せな一年を過ごせそうな予感

参拝の後は昼食

女帝様の希望でもんじゃ焼きをセレクト

二人前+山芋ベースのお好み焼きでお腹を満たし
辺りを散策した後、お台場へ移動

マッスルパークでアトラクションを体験し
私の体力年齢がほぼ年齢相応だと確認できて
一安心しました。

女帝様の体力年齢は内緒です。

その後はフジテレビを見学してホテルへ帰還

夕食はホテルの向かいに見つけたアナゴの専門店
ここで最高に旨いアナゴ料理を堪能し
近所の高島屋でデパ地下散策

ケーキと生ハムをゲットし
ホテルで宴会を催しました。

ビバ日本橋

楽しい東京観光の初日でした。

築地

行って来ましたよ
世界最大の市場
「築地」

朝5時過ぎに起きて
東京メトロで移動

まだ暗い中をさまよって
偶然通りかかった卵焼きのお店は
テリー伊藤さんの兄さんのお店

早朝から美味しそうな卵焼きを焼いて
忙しく働いてましたね。

私達のお目当ては「寿司大」と言うお店

探し当てた時には大行列で
一旦並んだものの2時間待ちとの話しに
他のお店をセレクト

そこでも40分位並びましたが美味しいお寿司を
朝から堪能しました。

その後の観光には、少し時間が早いので
お目当てのパン屋で本日二回目の朝食を頂き
一旦ホテルへ帰りました。

もう少し暖かくなったら浅草へ出掛けます。

東京紀行

冤罪

いわれなき罪で逮捕・起訴される事。

女帝様と合流してチェックインした後、
彼女が部屋のトイレを使った時
いきなり大きな音で「ジャー」っと用を足した時の音が聞こえた。

かなり我慢してたんだなっと
思ってましたが、後で自分が用を足した時に
やっと判りました。

ウォシュレットの水を入れ替えて温度を調節しているらしい。

疑ってゴメンナサイ

冤罪ははれました。

BGの帝都攻略

いよいよBGの影の支配者が
明日の午後の飛行機でやってくる。

影と表のトップが揃い
帝都の主要施設を偵察するのが
今回のミッションです。

主要施設とは?

靖国神社

浅草寺

雷門

築地

東京タワー

お台場

この辺りを重点的に偵察して
楽しんでまいります。

明日が待ち遠しく、本日は仕事が手に付かないかも?

余談ですが、当チーム員の凪君は月末から
中国に渡り、世間を騒がせている
農薬入り餃子の真相を究明するべく
単身で調査を開始するそうです。

ただの民間人なのに、
両国政府や警察には任せておけないって
気持ちが彼を動かしたようです。

是非とも入国審査では
「毒餃子の調査が目的」と
堂々と宣言して貰いたいものです。

3月末か4月には帰ってくるとの事ですが
彼の中国日記を期待して春を待ちましょう。

不精な私

最近の私は男の単身赴任の為、とても不精者です。

朝飯はリンゴが一個か、ソイジョイを一本。

昼飯はコンビニ弁当か食堂の定食。

夕飯は主にビールと枝豆。

簡単でしょ?

特に不精者の代表が夕飯の枝豆。

ベトナム産の冷凍パック400gが198円なので
買いだめしてます。

それをお風呂の時に浴室に持ち込んで
シャワーで体を洗っている間に
浴槽に浮かべて解凍します。

お風呂から上がる頃には体も枝豆もほっかほか。

合理的でしょ?

男の単身赴任なんてこんなもんさ。

今週末に嫁が帝都へ来るから
実践して上げようかと思ってます。

密輸品到着

本日、北海道の義理母から補給物資が到着した。

我々道産子のソウルフード

ジンギスカン

今回のジンギスカンは
小樽と富良野の2種類

それぞれ9パックが北の大地から本土に届いた。

やはり北海道を離れると毎週ジンギスカンが食べたくなりますね。

今回も会社の仲間と頂きます。

サンキュー義理母

ただね……………

北海道に残して来てる私の嫁
つまりは義理母の実の娘にも
同じ位優しくしてくれ。

頻繁に晩飯のメニューが愚痴と一緒にメールされるが
私が居る時と居ない時で違いすぎるそうで
実の親子で喧嘩にならないか
心配してますよ。

親子でおかずが元の事件は勘弁してね。

Copyright (C) 総監のひとりごと All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。